立ち退き料相場、立ち退き料請求に関するご相談なら、香川行政書士事務所にお任せください!

1000件超の立ち退き相談実績と300件超の豊富な解決実績

立ち退き料請求 相談窓口
~借家、アパート等の立ち退き料請求サポート~

お電話はこちら         

050-3359-9564

営業時間

9:00~18:00(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください

トップページ
  • 老朽化で、3ヶ月後に取り壊すので、退去して下さい。
  • 6ヶ月前に通告したので、立ち退き料は支払わない。
  • 引越代しか出せません

などと、ある日突然立ち退きを要求され、お困りではありませんか?

慌てて物件を探さないで下さい!

解決する良い方法がきっとあります‼

1,000件超の立ち退き問題に関する相談実績のある当事務所なら、

お困りの貴方を強力にサポート出来ると思います。

立ち退き料は請求できますか!?

立ち退き料は請求できますか!?

 

とてもよく聞かれます。

老朽化でも、耐震性の問題でも、相続問題でも、それが大家さんの側の都合である限り、立ち退き料は請求できます。

 

しかし、様々なタイプの大家さんが、様々な事情を抱えており、立ち退き料の支払いを受けるには、必ず大家さんとの合意が必要となるのが現実です。従って、

 

『立ち退き料を請求できる』=『立ち退き料をもらえる』

ということではありません。

 

全ては大家さんとの交渉次第であり、その結果としての合意内容次第ということになります。

 


立ち退き料の相場はどのぐらいですか?

 

これも、とてもよく聞かれます。

全く法律上の決まりがないため、分らないのも当然です。勿論ご相談いただければ、およその相場はお答え致します(契約内容に因ります)。

 

しかし、その立ち退き料の相場を知っただけで、立ち退き要求されたのがほぼ初めての経験である方と、おそらく経験豊富な大家さんや不動産業者を相手に同じ土俵に上がり、対等以上に渡り合うことは、そう簡単なことではないでしょう。

 

やはり、合意出来るかどうかは、大家さん側との交渉が全てであり、せっかく

 

現実的には、ほとんどのケースで良い解決法がある

 

のに、納得できないまま、退去に追い込まれるのを、どうしても見過ごすことができません。

 

当事務所では、住居物件(借家、賃貸アパート、マンション)、事業用物件(店舗、事務所)などの立ち退き問題について、豊富な相談・解決実績、経験から、適正な立ち退き料の請求代行などを行い、

 

現在お困りの方を強力にサポートしております!

 

とりあえず一人で交渉開始してしまう前に、宜しければ、お早めに、まずはお気軽に無料相談からご利用下さい。

 
北海道から沖縄まで全国対応しております!

※法律は日本国内どこでも同じですから、全く問題ありません。

お問合せはこちら

立ち退きに関するご相談は、お電話またはメールにて受け付けております。

まずはお気軽にお問合せ下さい

お電話でのお問合せはこちら

050-3359-9564

受付時間

9:00~18:00(土日祝を除く)

当事務所の特徴

立ち退き問題の解決は、解決経験豊富な香川行政書士事務所まで。

立ち退き料を勝ち取った方々のお喜びの声

全国から、納得の解決となったお喜びの声をいただいております。

ある日突然立ち退き要求された!

ある日突然、大家さんから、借家、賃貸アパート、マンションなどの居住用物件、また店舗(テナント・事務所)等の事業用物件の賃借人に対して

 

『貴殿(貴社)と契約致しました賃貸借契約につき、建物設備の老朽化により平成○○年○月○日を以って物件を取り壊し、建て替えるため、契約解除と致したく、書面にて通知致します。つきましては、上記期日までに退去、明渡していただけますよう宜しくお願い申し上げます。』

 

と突然立ち退きを要求されたとします。

 

どう対処しますか?

 

所有者(大家さん)には普段からお世話になっており、貸していただいているという関係から、立ち退くしかないのでしょうか?

 

老朽化で取り壊して、建て替えると言われているのだから、それはやむを得ない事情なのでしょうか?

 

耐震基準を満たしておらず、住民の安全を確保できないから、などと言われたら、立ち退き料は請求できないのでしょうか?

 

いいえ、違います!

借主は法律で保護されています!

少なくとも、大家さんの言いなりに立ち退く必要はありません!

老朽化だったら立ち退き料は請求できないの??

例えば、

老朽化は一見正当な立ち退き事由と思いがちですが、倒壊の危険の迫っているような切迫した状況でなければ、実質ほとんどのケースで正当事由とは言えません。

 

不当な立退き請求は拒否できますし、どうしても、ということなら、適正な立ち退き料の支払いと引き換えに立ち退けば良いのです。

 

また、あの大震災の発生以降は特に、

『耐震基準を満たしていない』

『震度○で倒壊する危険がある』

『住民の安全を確保できない』

などと、検査すらせずに物件取り壊しの理由に利用している貸主が増えました。

 

検査すらしていないのは当然として、仮にそれらが事実だとしても、少なくとも耐震基準を満たしていないことについて借主には全く責任がありません。

 

また、まずは耐震補強工事等をすべきところ、その補強工事費用の負担を免れるために立ち退きを要求し、その後に建て替えるのなら、大家さんの経済的な都合ですので、立ち退き料を請求できます。

 

たとえ、”立ち退き料を支払わない旨の特約“が賃貸借契約書に盛り込まれていたとしても、借地借家法によりその特約条項は無効となるため、堂々と立ち退き料を請求できます。

 

という風に、実際には(交渉のやり方さえ間違えなければ)、

ほとんどのケースで良い解決法、対処法があるのです!

新居の契約は一旦ストップして下さい!!!

 

新居(新店舗)の契約をしてしまうと、実質的に立ち退き料の請求は難しくなります。

 

なぜなら、

 

大家さんにとっては、立ち退かせることが目的であり、大家さんに新居の契約をしてしまったことが知られてしまうと、大家さんの目的はほぼ達成したのも同然となるため、その後にわざわざ立ち退き料を支払おうとしなくなることはほぼ間違いないからです。

 

仮にキャンセルしても、交渉次第で立ち退き料でそれ以上に取り戻せると思って下さい。

 

新居(新店舗)の物件探しも一旦ストップして下さい!

 

なぜなら、立ち退き料をきちんと支払ってくれることが決まらない限り、いくら探しても、交渉に時間がかかり、結局手放すことになってしまい、探したことが無駄になる可能性が高いからです。

 

基本的に新しい物件は、立ち退き料、条件について全て合意に至り、それらを盛り込んだ合意書を正式に交わした後に探し始めれば良いです。

 

このように、立ち退き料の交渉にはやり方、順序というものがあります。

 

普通なら負けることなど有り得ないほど借主は有利な立場にあるのに、やり方次第で圧倒的不利な状況になってしまいます。

立ち退きのことは専門家に相談を!

そうは言っても、立ち退き問題に慣れていない個人と比べて、不動産関連知識に勝る不動産業者を相手に、対等以上に渡り合うことは、おそらく容易なことではありません。

 

もっとらしいことを言われ、それをついつい信用してしまったり、そうするしかないものと理解してしまったりする方が多いものです。

 

だから、きちんと立ち退き料をいただけるなら退去しても良いお思いになるのなら、とりあえずお1人で交渉開始せず、宜しければ、お早目に、まずはお気軽に無料相談をご利用下さい。

 

香川行政書士事務所では、まずは立ち退き料を請求できるケースなのかどうか、立ち退き料の相場はどの程度なのか、などをお答え致します。もちろん立ち退き料の請求代行手続きも可能です。

 

『あの大家さんが相手じゃ…』

 

などと簡単に諦める前に、

立ち退き問題について

1000件以上の豊富な相談実績、300件超の解決実績

のある香川行政書士事務所にまずはお気軽にご相談下さいませ!

 

立ち退き、立ち退き料に関するQ&A

当事務所に寄せられる立ち退きに関するご相談をQ&A形式でまとめています。

立ち退き料に関する相談料/ご依頼料金

立ち退き問題解決に向けて当事務所が提供するサービスとその料金のご案内。

当事務所の特徴

立ち退き問題の解決は、解決経験豊富な香川行政書士事務所まで。

立ち退き料を勝ち取った方々のお喜びの声

全国から、納得の解決となったお喜びの声をいただいております。

お問合せはこちら

立ち退きに関するご相談は、お電話またはメールにて受け付けております。

まずはお気軽にお問合せ下さい

お電話でのお問合せはこちら

050-3359-9564

受付時間

9:00~18:00(土日祝を除く)

立ち退き問題に関するお問合せはこちら

お問合せはお気軽に

お電話はこちら

050-3359-9564

立ち退き問題についてお1人で悩まず、まずはお気軽にお問合せ・ご相談ください。

代表プロフィール

代表者名

立ち退き要求を受けて、お困りの方を強力にサポートさせていただきます。

ご連絡先はこちら

香川行政書士事務所

お電話はこちら    

050-3359-9564

kgwkj@yahoo.co.jp

〒754-1277
山口県山口市阿知須3257-21