アパート・借家・店舗等の立ち退き問題、立ち退き料の相場等に関するご相談なら、香川行政書士事務所にお任せください!

10年超、1000件超の立ち退きに関する相談実績

立ち退き料請求 相談窓口
~アパート、借家等の立ち退き料請求サポート~

お電話はこちら         

050-3359-9564

営業時間

9:00~18:00(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください

立ち退き/立ち退き料に関するQ&A

ここでは立ち退きに関するよくあるご質問をご紹介します。どうぞ参考にしてください。

立ち退き時の原状回復義務はどうなりますか?

立ち退き要求されたので、立ち退き料を請求しようと思っていますが、退去するときに敷金は返してもらえるのでしょうか?

大家さんから『ここに住みたい』と言われているのですが…。

決まりはありませんので、全ては交渉次第です。

大家さんから『ここに住みたい』と言われたのが本当だとすれば、取り壊す予定はないのでしょうね。

確かに、取り壊す予定のない物件からの自己都合退去なら、通常は、故意または過失により破損や汚損させた箇所があれば、原状に回復させる義務があるでしょう。

 

しかし、『ここに住みたい』という理由は、正当事由とは言えず、よって、退去するとすれば、大家さんの都合による立ち退きということになります。

大家さんの都合により立ち退く場合の引換えとして、立ち退き料を請求するということを考えれば、大家さんの都合により原状回復の問題が発生するわけですので、やはり、原状回復費用の負担が一切ないようにしてもらった方が良いのではないでしょうか。

 

※もちろん、正当事由のひとつである借家の利用状況があまりに酷い場合などでは、大家さんの負担が増えすぎてしまいますので、立ち退き料が減る要因になります。

※また、原状回復費用の負担が一切ないようにと要求しただけで、それを認めてもらえるとは限りません。すべては大家さんとの交渉次第ということになります。

では、敷引き契約の場合は、全額返還返してもらえるのでしょうか?

それとも、敷引きは変わらないのでしょうか?

敷引き契約は、予め退去時に敷金から一定割合を差し引くことを取り決めておくもので、関西地方に特に多くみられます。

 

どういう割合でも適法かどうかはさておき、やはり考え方は同じです。

 

大家さんの都合による立ち退きであるのなら、大家さんの都合により原状回復の問題が発生するのであり、敷引きの問題も発生するのですから、立ち退かされた上に、敷引きされるのはどうにも腑に落ちません。

 

やはり敷金は全額返還してもらえるよう要求した方が良いでしょう。

大家さんから『取り壊して、建て替える予定』と言われている場合

大家さんから『取り壊して、建て替える予定』と言われたのなら、極端な話、いくら破損や汚損があったとしても、わざわざ原状回復して取り壊すはずがありません(※取り外して他でもまだ使える設備等は別です)。

 

従いまして、大家さんが預かっている貴方の敷金は、退去するまでの未払い家賃さえなければ、全額返還するのが当たり前のこととなります。

 

但し、当たり前だからと言って、何も言わないでいれば、返還されてこないことも考えられますので、言うべきことは言わなければなりません。

 

やはり、すべては大家さんとの交渉次第というわけです。

お問合せはこちら

立ち退きに関するご相談は、お電話またはメールにて受け付けております。

まずはお気軽にお問合せ下さい

お電話でのお問合せはこちら

050-3359-9564

受付時間

9:00~18:00(土日祝を除く)

立ち退き問題に関するお問合せはこちら

お問合せはお気軽に

お電話はこちら

050-3359-9564

立ち退き(明渡し)要求に対してお1人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

代表プロフィール

代表者名

立ち退き(明渡し)要求を受けて、お困りの方をサポートさせていただきます。

ご連絡先はこちら

香川行政書士事務所

お電話はこちら    

050-3359-9564

kgwkj@yahoo.co.jp

〒754-1277
山口県山口市阿知須3257-21