立ち退き料相場、明渡料請求に関するご相談なら、香川行政書士事務所にお任せください!

1000件超の立ち退き相談実績と300件超の豊富な解決実績

立ち退き料請求 相談窓口
~借家、アパート等の立ち退き料請求サポート~

お電話はこちら         

050-3359-9564

営業時間

9:00~18:00(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください

立ち退き/立ち退き料に関するQ&A

ここでは立ち退きに関するよくあるご質問をご紹介します。どうぞ参考にしてください。

立ち退き後に家を購入する場合は?

立ち退き要求されたので、この際家を購入しようと思います。この場合、立ち退き料を請求できますか?立ち退き料を請求できるとすれば、何をどう請求すれば良いのでしょうか?

購入でも立ち退き料を請求できます。

将来的に家を購入することを考えていた場合、立ち退き要求されたことをきっかけにそれを前倒しするケースも良くあります。

 

もちろん、とりあえずまた賃貸物件に引っ越し、のちに予定通り家を購入し、また引っ越すということでも良いでしょうけど、短期間で何度も引越しするのは大変です。

その都度周辺環境は変わり、お子さんがいる場合などでは、学区やお友達の問題なども絡み、なかなか厄介です。

 

よって、この際前倒ししてでも購入しようとの選択肢もありだと思います。

 

しかし、さすがに大家さんに購入費用を支払ってもらう訳にはいかず、一部を立ち退き料として支払ってもらうにしても、どういう割合が適正な額なのかが分かりません。

 

そこでこう考えてみてはどうでしょうか。

 

大家さんは、その物件を明け渡してくれれば良いのであり、どこに引っ越すのか、新居が賃貸なのか、購入なのか、どういう間取り(広さ)の物件なのかは、基本的に自由に決めることができます。大家さんに引越先まで指定されることはないということです。

つまり、その考え方から、たとえ新居を購入するとしても、最低でも現在と同程度の賃貸物件への立ち退きが必要であり、それに伴う費用は損害が発生することになります。

そこで、現在と同程度の賃貸物件へ立ち退いた場合に発生すると思われる入居費用、引越費用、家賃差額等の相場を調べ、その場合の相場相当額を請求することは、決しておかしなことではないと思います(迷惑料等は別途請求しても良いです)。

 

繰り返しになりますが、大家さんはその物件を明け渡してくれれば良いのですし、立ち退き条件について合意した後に新居物件の契約をするのですから、それが未定の交渉段階において、原則大家さんに対して賃貸物件か購入物件にするのかを明言する必要はありません。

 

※もちろんですが、立ち退き料を請求しただけではもらえません。すべては大家さんとの交渉次第ということになります。

お問合せはこちら

立ち退きに関するご相談は、お電話またはメールにて受け付けております。

まずはお気軽にお問合せ下さい

お電話でのお問合せはこちら

050-3359-9564

受付時間

9:00~18:00(土日祝を除く)

立ち退き問題に関するお問合せはこちら

お問合せはお気軽に

お電話はこちら

050-3359-9564

立ち退き(明渡し)要求に対してお1人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

代表プロフィール

代表者名

立ち退き(明渡し)要求を受けて、お困りの方をサポートさせていただきます。

ご連絡先はこちら

香川行政書士事務所

お電話はこちら    

050-3359-9564

kgwkj@yahoo.co.jp

〒754-1277
山口県山口市阿知須3257-21