アパート・借家・店舗等の立ち退き問題、立ち退き料の相場等に関するご相談なら、香川行政書士事務所にお任せください!

10年超、1000件超の立ち退きに関する相談実績

立ち退き料請求 相談窓口
~アパート、借家等の立ち退き料請求サポート~

お電話はこちら         

050-3359-9564

営業時間

9:00~18:00(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください

立ち退き/立ち退き料に関するQ&A

ここでは立ち退きに関するよくあるご質問をご紹介します。どうぞ参考にしてください。

家賃差額の請求は可能ですか?

立ち退き通知を受けたので、近隣で現在と同程度の物件を探してみましたが、どうしても高くなってしまいます。家賃差額を請求することは可能でしょうか?

請求は可能です。但し、交渉次第です。

間取りだけでなく、立地や周辺環境など、全く同じ物件は存在しませんし、せっかく見つけた新居でまたすぐに立ち退き要求されないように、と考えると、今より少しは築年数の新しい物件を選ばざるを得ないのではないでしょうか。

 

となると、いくら近隣で同程度の間取りを探しても、家賃が上がってしまうことはよくあることです。

 

やむを得ないことです。

だから、こう考えてみてはどうでしょうか。

 

そもそも、大家さんの都合で立ち退き要求されなければ、立ち退く予定はなかったのですし、家賃差額が発生する可能性もなかった、と。

 

大家さんから立ち退き要求されたことにより発生する負担、ということを理由に、立ち退き料の一項目として家賃差額を請求してみてはどうでしょうか。

 

もちろんですが、立ち退き料を請求しただけではもらえません。すべては大家さんとの交渉次第ということになります。

 


では次に、明らかに同程度の物件ではない場合はどうでしょうか。

 

例えば、立ち退き要求されたことをきっかけに、将来的に考えていた広い物件への引っ越しを前倒しする場合などです。

何度も引越しをするのは大変ですからね。

 

大家さんの要求は、その物件から立ち退き、明け渡すことであり、その後どこに住むのかは自由です。要するに、広い物件に引っ越すのも自由だということです。

 

その場合、家賃差額は請求できるでしょうか。

請求できるならどう請求したら良いでしょうか。

 

例えば、

同程度の物件に引っ越した場合の家賃差額は、大家さんの都合による負担増であり、それ以上(明らかに間取りや広さや立地等が良くなる場合)の家賃差額は、自己都合による負担増であると線引きする方法が考えられます。

 

つまり、同程度の賃貸物件に引っ越した場合の家賃差額を請求するのですから、大家さんの理解は得られ易いと思われます。

 

ちなみに、駐車場だけの立ち退き要求なら、住居ではないので、立ち退き料を請求できません。

 

但し、住居の立ち退きとともに、駐車場も移転することになることが多く、それに伴い、家賃と駐車場賃料の合計(または駐車場賃料込の家賃)月額負担が増えてしまう場合は、駐車場代も含めた差額を請求できるものと、当事務所では考えております。

 

なぜなら、それは大家さんからの立ち退き要求による負担増だからです。

 

もちろんですが、立ち退き料を請求しただけではもらえません。すべては大家さんとの交渉次第ということになります。

お問合せはこちら

立ち退きに関するご相談は、お電話またはメールにて受け付けております。

まずはお気軽にお問合せ下さい

お電話でのお問合せはこちら

050-3359-9564

受付時間

9:00~18:00(土日祝を除く)

立ち退き問題に関するお問合せはこちら

お問合せはお気軽に

お電話はこちら

050-3359-9564

立ち退き(明渡し)要求に対してお1人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

代表プロフィール

代表者名

立ち退き(明渡し)要求を受けて、お困りの方をサポートさせていただきます。

ご連絡先はこちら

香川行政書士事務所

お電話はこちら    

050-3359-9564

kgwkj@yahoo.co.jp

〒754-1277
山口県山口市阿知須3257-21